株でプチ儲け!

今日株に関連した本が書店などに多く並んでいて、仕事をやりながら副業で株を行う人は近年増えてきています。メリットがある反面デメリットもあるので株の正しい知識を身につけましょう!

株を始めて儲けることができた女性

日本と海外との株の違い

最近の日本の同行としては株式市場は大きく飛躍している様相を見せており、市場としてはとても活気に溢れている点と、海外からの投資マネーが流入してきているのでどんどんと外国人投資家が参加し始め注目を集めています。その理由としては、日本政府が緩やかなインフレーションを目指して、消費者物価指数を毎年上昇させようという動きを見せており、日本円が海外から見たときに相対的に価値が下がってきており、円安の動きを見せています。このため、海外から日本円を売ろうとする動きが活発になってきており、多くの要因から円が売られるようになってきました。このような状況においては円安により日本は輸出企業がメインで日経平均株価が構成されているため、企業の業績は良好となっており、より多くの株式市場が良い方向に向かっています。逆に海外の株式市場においては日本からの輸入品目におされて国内での需要がどんどん日本よりになってくるため、国内企業の業績がのびないような株式市場になっています。このため、日本の市場においてはこれからもどんどんと需要が高まってくるためより多くの企業が利益をあげられるようになる点と、逆に、海外の企業においてはより多くの企業が利益をあげるのに苦しんでいく点を踏まえてこれからの市場の動きについてしっかりと模索し、検討していく必要があります。さらには、日本の市場においてはこれからもどんどんとのびていく要素としては、日本政府が国内企業の業績を後押しするように、法人税に関しては減税しようという動きになってきています。このような状況においては、日本の企業にとっては税金分の負担が減ってくるため、より良い環境で企業活動ができるため、より業績が良好になっていきます。

株には税金がかかるの?

株は売買をすることによって生じた利益に応じて、税金が発生することになってきます。株の税金では、まず配当に対する課税があります。個別株を保有していると、年に2回などの配当を受けることができます。その配当金に対しては、一般の証券口座では20%の税金がかかるようになっています。そのため、配当金が1000円だったとしても、実際に受け取れる金額は800円となります。次に株の税金としては、譲渡益に対する課税があります。個別株を購入した後に、含み益が出てから売却を行うとキャピタルゲインである譲渡益が出ることになってきます。この譲渡益に対しても、税率の20%がかかってくることになります。そのため、個別株を売買して1万円の譲渡益が出た場合は、実際の儲けは8千円となります。このように配当と譲渡益に対して、税率20%がかかるようになったのは2014年1月からとなってきいます。それ以前は税率は10%に抑えられていました。税率が以前の倍である20%になると、個人投資家では株離れが加速する可能性が出ていました。そこで、政府では2014年1月からは、個人投資家を対象としてNISA制度が設けられています。NISA口座を開設すると、一定の限度額の証券投資にかかる税金をゼロにすることが可能になってきます。したがって、個人投資家ではNISA口座を活用すると、株の売買に対する税金をなくすことができます。しかし、NISA口座では年間120万円までが投資の限度額となっています。そのため、120万円を超える投資を行う場合には、配当と譲渡益に対して税率20%がかかるようになります。また、NISA口座での取引では、損益通算ができなくなる点に注意をする必要が出てきます。

株とマイナス金利の関係性

日本では2016年1月末にマイナス金利を導入することが発表されています。マイナス金利が発表された直後には株式が買われる動きが出ました。しかし、その後は株式が売られる流れが起こっています。金融政策としてマイナス金利を導入したことが、金融政策の限界が現れてきている証しではないかと市場では受け止められる動きがありました。しかし、マイナス金利を導入することで、マイナスになる業界とプラスになる業界が出てくると見られています。マイナスになる業界としては、銀行が挙げられます。これまでに銀行では主に国債を購入することで、利ざやを稼ぐことが行わていました。しかし、マイナス金利の導入によって国債の利回りが低下して、国債の購入による運用ができなくなります。また、各種の貸し出し金利も低くなってしまうために、スプレッドが低下してしまう恐れが出ています。その結果として、銀行の収益が減ってしまうことが予想されています。そのような環境から、銀行株は全般的に軟調となる地合いが生まれています。今後もマイナス金利幅の拡大があり得ることから、銀行株は長期の停滞もやむを得ない面が出ています。次にマイナス金利の導入でプラスになる業界としては、不動産が挙げられます。不動産の運営会社では銀行から融資が受けやすくなり、新規の物件への投資がしやすくなってきます。また、個人向けの住宅ローンが組みやすくなることから、新築住宅などの建築が盛んになっていく可能性が出ています。そのため、不動産関連株は今後は買われていく期待が出ています。さらにマイナス金利は設備投資を行う製造業などにはプラスに働く面があります。しかし、まだ企業の設備投資は活発となっていないため、今後の株価にどう反映されるかは未知数となっています。

◎低位株やボロ株に投資をしてプチ儲け!
低位株投資におすすめ!